イメージ画像

自動契約機でカードローンを組む際は、ネットで申し込んでからお近くの自動契約機に行くのが最速でキャッシングする方法です。

キャッシング会社や消費者金融から融資を受ける際に、必ず申し込みをしなければいけませんが、主な申し込みの方法としては3つのどれかに分かれることになります。

・有人の店舗の窓口で申し込みをする
・自動契約機で申し込みをする
・郵送や電話などで申し込みをする

このどれかの方法で申し込みをして借り入れをするのが一般的な流れとなっています。

今回は自動契約機でのキャッシング方法や、キャッシング会社を利用する際の必要書類や注意事項について紹介していきます。

自動契約機から申し込みをする方法

日本には数多くのキャッシング会社が存在しますが、自動契約機が設置されているキャッシング会社は全て大手のキャッシング会社となっています。

会社によって手順が少し異なるケースも存在しますが、おおまかな流れとしては下記の通りになっています。

1.自動契約機で借り入れの申し込みをする
2.必要書類に記入し、提出する
3.借り入れのための審査を行う
4.自宅や勤めている会社に本人が在籍しているかどうかの確認をする
5.借り入れや返済をするためのカードを発行してもらう
6.カードを使ってATMから借り入れを行う


以上の6つのステップが自動契約機で申し込みをした際の手順となります。

申し込みから借り入れまでに掛かる必要な時間はキャッシング会社によっても異なりますし、個人のステータスによっても大きく変化しますが、30分~1時間ほどで審査も完了し、借り入れをすることが出来るようになります。

テレビやCMなどで「3分で審査ができる!」というような謳い文句がありますが、実際に10分を切るようなことは、ほとんどありません。

申込者が高収入で社会的なステータスが高い場合にクリアできる時間となっているので、ほとんどの方は30分~1時間ほどの時間が掛かるということは知っておいて下さい。

キャッシングの申込時に必要な書類について

自動契約機でキャッシングの申し込みをする場合は、予め必要書類を準備しないといけないケースと、審査が完了してから借り入れをする前に必要書類を提出するケースの2つが存在します。

申込時に必要な書類は下記の2つのタイプになっていて、この2つの要求を満たしているのなら種類は問われない事が多いです。

・本人確認書類
・収入証明書類

本人確認書類というのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどが挙げられます。 外国人の場合は外国人労働許可証なども本人確認書類として認められることが多いです。

一般的には顔写真付きの身分証明書が必要となっていますが、健康保険証のように顔写真が掲載されていないタイプでも必要書類としての要求は満たしているので安心して下さい。

次に収入証明書類についてですが、これはキャッシングが提供している商品(借り入れプラン)によっては必要ないケースも存在します。

一般的に収入証明書類として認められているものは、「前年度の源泉徴収票」、「直近の2~3ヶ月分の給与明細書」、「税金の納付書」などが挙げられます。

必要書類として用意しやすいのは給与明細書だと思われますが、要求のステータスを満たしやすいのは源泉徴収票や税金の納付書となっています。

これらの必要書類は申込時に提出するケースが多くなっていますが、急に厳禁が必要になって申し込みをするような場合では書類を用意できないようなことも考えられますので、収入証明書類については後日提出するということでも認められることが多いです。 ただし、本人確認書類については必ず申込時に提出をしなければいけません。

キャッシングをした際の返済方法について

借り入れをすれば返済をしなければいけませんが、返済の方法については大きく分けて3つの形式になっています。

・銀行振込で送金をする
・コンビニ決済で返済をする
・コンビニなどに設置されているATMで返済をする

この3つのパターンに分かれることになります。

厳密に言えば、有人の窓口で返済をするとか、銀行振込にするのではなく口座引き落としの申請をするというようなことも可能ですが、ほとんどのケースではこの3つのどれかで返済をするケースが多くなっています。

どの形式を選んでも問題ありませんが、ATMを利用する場合やコンビニ決済の場合は返済する金額とは別に手数料が発生するケースが多くなっています。

これは、キャッシング会社が提携しているATMを利用することで無料になることもありますので、どのキャッシング会社がどこのATMと提携しているのかということは知っておいたほうがオトクです。

コンビニなどに設置されているATMから返済をする場合は1,000円単位での返済しか出来ないことが多いので、最後の返済などの場合で1,000円未満の返済をしなければならない場合はコンビニ決済で返済をするか銀行振込で返済をする必要がありますので注意して下さい。

キャッシングで借り入れをする際に絶対に必要な条件

キャッシング会社は誰でも簡単に利用することが出来ますが、いくつかの条件をクリアしていないと審査で落とされて利用することが出来ないので気をつけて下さい。

その条件は下記の4つになります。

・申込者が成人を迎えていること
・安定した収入があること
・返済能力があること
・他のローンや公共料金の支払などで延滞をしていないこと

これらの4つとなります。

この4つの条件を分類すると、上の3つと下の1つに分かれることになります。

上の3つは絶対に必要な条件となっていますが、下の1つについては問題視していないキャッシング会社も存在するということです。

しかし、一般的には他社のローンなどで延滞してしまうと信用情報にキズがつくことになりますので、審査に通ることが難しくなる傾向が強いです。

上の3つについては、基本条件となっているので、絶対にクリアしなければいけない項目となります。

特に安定した収入があることと返済能力については厳しくチェックされることになるので、嘘をついたり誤魔化したりするとステータスでは審査に通っているのに信用出来ないという理由で審査に落とされることもありますので注意して下さい。

一般の会社員の方で今までにキャッシング会社やローン会社を利用したことがないという方の場合は特殊な事情でも無い限りは問題なと思われますので安心して下さい。

このページの先頭へ